広告 インテリア

DRAW A LINE(ドローアライン)をレビュー!インテリアになる唯一無二の突っ張り棒!

  1. HOME >
  2. 生活用品 >
  3. インテリア >

DRAW A LINE(ドローアライン)をレビュー!インテリアになる唯一無二の突っ張り棒!

DRAW A LINE(ドローアライン)

おしゃれな突っ張り棒といえばDRAW A LINE(ドローアライン)ですよね。

最近では類似品も多く出てきていますが、圧倒的な質感の良さで他の追従を許さない状況です。

価格は高いですが、実際に手に取ってみると納得の品質です。

粉体塗装と真鍮の組み合わせが美しく、満足感を与えてくれます。

こんな突っ張り棒は、他にはないですね。

我が家でも使っているので、レビューしていきます。

DRAW A LINE(ドローアライン)をレビュー

我が家で使っているDRAW A LINE(ドローアライン)は、縦型のものです。

  • 照明
  • フック大
  • フック小
  • テーブル
  • トレイ

といったパーツを使っています。

照明はPhilips Hueと組み合わせると便利

DRAW A LINE(ドローアライン)の照明

DRAW A LINE(ドローアライン)の照明は、純正のものを使っています。

価格を抑えたサードパーティー製のものもちらほら見かけますが、やっぱり作りチープなんですよねえ。

純正品の豪華さと一体感には到底及びません。

電球は別売りなので、Philips HueのLEDスマート電球と組み合わせています。

スマートスピーカーや左手デバイスから操作可能になり、とても便利です。

E26 75W相当(旧60W相当)の、ホワイト、ホワイトグラデーション、フルカラーを組み合わせることが可能です。

トレイ・テーブル・フックでゴージャスに

DRAW A LINE(ドローアライン)のパーツ

トレイにはちょっとした小物を、そしてテーブルにはEcho show 5を置いています。

フックには、リュックやキャップを掛けてみたり、掛けてみなかったり。

これらには、観葉植物を飾りつけている人が多いですね。

これらのパーツは、必要最低限のものを用意して使ってもいいのですが、設置した後に足すとなると結構面倒くさいです。

DRAW A LINE(ドローアライン)の構造上、設置した突っ張り棒をもう一度外すことになっちゃうんですよ。

できれば、最初に色々なパーツを組み込んでおくと楽だし、見た目もゴージャスになるのでおすすめです。

使用感と注意点

揺らしてみると結構揺れるので、日常的に触れる使い方をする場合は、転けて落ちそうなものは置かないほうがいいですね。

例えば、縦長のガラス製の花瓶とかは結構怖いですw

地震もあるので、簡単に落ちそうなものは置かないほうがいいですね。

きちんと設置してあれば、揺れても外れてしまうようなことはありません。

また、照明を設置する場合は、ホッチキスの針(石膏ボードの場合)かネジ(合板の場合)での補強が必要です。

これを守って設置すれば、通常の使用に不安はありません。

ただし、小さいお子さんがいる家庭では注意が必要です。

上り棒のようにして遊んだり、ぶら下がったりした場合は、外れてしまうことも考えられます。

テンションロッドの耐荷重は10kgなので、簡単に超えてしまいます。

お子さんが出入りしない部屋で使用するか、よく言い聞かせるなど、なんらかの対策が必要です。

ある程度大きくなるまで、設置を見送ることも必要かもしれません。

その点をよく考えてから、設置したほうがいいでしょう。

まとめ

オシャレ突っ張り棒の代名詞的な存在のDRAW A LINE(ドローアライン)。

インテリアの一部となる突っ張り棒は、これしかありません。

実際に我が家で使ってみて、高価だけど納得できる作りだと感じました。

-インテリア