広告 カメラ

GoProがウェブカメラに!ファームウェアHERO8 Black v2.0をリリース!

  1. HOME >
  2. ガジェット >
  3. カメラ >

GoProがウェブカメラに!ファームウェアHERO8 Black v2.0をリリース!

GoPro HERO8 Blackをウェブカメラに使用

GoProが、「GoPro HERO8 Black」の最新ファームウェアを公開した。

今回は主に、ウェブカメラモードなどの機能強化がメインとなっている。

GoPro HERO8 Blackを使用している人は、最新ファームウェアにアップデートしておこう。

ファームウェアHERO8 Black v2.0をリリース!

HERO8 Black v2.0

  • ウェブカメラモードを追加
  • ディスプレイモジュラーの互換性を追加
  • HyperSmooth 2.0の機能拡大

HERO8 Black v2.0では、上記の機能が追加される。

ウェブカメラモードを追加

β版で使用可能だったウェブカメラモードが、HERO8 Black v2.0で正式に採用された。

Zoomなどで、GoPro HERO8 Blackをウェブカメラとして使用できる。

必要な機材は、PCとGoPro HERO8 BlackとUSB-Cケーブルだけ。

しかし、別途「GoPro Webcam」をPCにインストールする必要がある。

これによって、ZoomなどでGoPro HERO8 Blackをウェブカメラとして選択できるのだ。

GoPro Webcamのダウンロードは下記のリンクから可能。

ダウンロードページ

ディスプレイモジュラーの互換性を追加

GoPro HERO8 Blackで、ディスプレイモジュラーが使用可能となる。

これは発売延期となっていたディスプレイモジュラーが、間もなく発売される可能性が高い。

HyperSmooth 2.0の機能拡大

HyperSmooth 2.0が使えるビデオ設定が増えたようだ。

しかし、残念ながら4K60fpsでの使用はできなかったので、今後の更なるアップデートに期待だ。

これらの機能強化のほかに、一般的なバグ修正も行われている。

GoProアプリでアップデート可能

アップデートの方法は簡単で、5分程度で完了する。

GoProアプリに接続するだけで、ファームウェア更新画面が表示されるぞ~。

あとは、指示通りに進んでいけばOKなので、サクッとやっておこう!

GoPro Quik:動画編集アプリ

GoPro Quik:動画編集アプリ

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ

今回のファームウェアアップデートは、ウェブカメラモードがメインだね。

β版ではMacでしか使用できなかったが、正式版ではWindowsでも使用可能となった。

Zoomなどで、GoPro HERO8 Blackをウェブカメラとして活用してみよう!

-カメラ